文字サイズ

参加企業募集中
東京2020大会時の
交通対策情報はこちら

最新情報NEWS

テレワーク・時差出勤などスムーズビズの取組は、新型コロナウイルス感染症の対策としても有効です。感染症対策として、東京2020大会時の交通混雑緩和に向けた取組の前倒しをお願いします。
※ 経済団体への協力要請の状況は こちら

<新型コロナウイルス感染症に関する東京都からのお知らせ(スムーズビズの取組)>



<参考>感染症対策としてのテレワークのノウハウ等の公開事例
企業名概要
レノボ・ジャパン株式会社・全社員が一斉にテレワークする企業や、初めてテレワークを実施する企業に向け、同社がこれまでに蓄積したノウハウをまとめた「はじめようテレワークスタートガイド」を公開中(「緊急テレワーク、対応マニュアル」を追加)
GMOインターネットグループ・新型コロナウイルスに関する、在宅勤務体制を含む、一連のグループの対応状況を紹介するとともに、従業員の声から在宅勤務の課題を抽出したアンケート結果や分析レポートを公表
・新型コロナウイルスに関する情報のリンク集を掲載
サイボウズ株式会社・同社が、これまでテレワークで得た経験を共有するWebサイトを開設中
・テレワーク導入の経緯、実践のポイント、FAQ、「ワークスタイル変革スタートブック」などを掲載
<参考>新型コロナウイルス感染症対策としてのテレワーク・時差出勤などの取組事例
企業名取組概要
アステリア株式会社・必要な時のみ出社するワークスタイルをこれまでも実施しており、多くの社員が月1-2回程度の出社頻度
・最小限だった出社頻度を更に減らすべく、3月以降全社会議や社外との会議をオンラインに切り替え
e-Janネットワークス株式会社2/26から、テレワーク回数制限とコアタイムを解除し、在宅勤務と時差出勤を奨励。
国内外の出張の原則見合わせ、対面での社内、社外会議の開催及び社外研修等への出席抑制等を実施
株式会社オトバンク2/10まで講じていた時差出勤、在宅勤務を当面延長
花王株式会社2/28から、社員は原則在宅勤務(生産従事者、店頭勤務者などを除く)
株式会社キュービック2/19から、在宅勤務の導入、社内外会議の原則オンライン化、国内外出張の原則禁止などを実施
クックパッド株式会社2/18から、全従業員を対象とした在宅勤務を実施
株式会社コーセー3/3から、従業員の出社人数、頻度を概ね3分の2に抑制
・テレワークの活用などによる在宅勤務の推進
・コアタイムなしのスーパーフレックス制度による時差出勤の推進
・営業職の直行直帰の推奨
コクヨ株式会社3/2から、
・在宅勤務の実施、事業所出社が必要な社員の時差通勤の徹底
・国内外出張、不要不急の社内会議等の自粛
GMOインターネットグループ
(再掲)
1/27から、渋谷・大阪・福岡の拠点において在宅勤務を継続(これまでの取組と新型コロナウイルス感染症に関するリンク集あり)
スカパーJSAT株式会社(更新)2/28から、原則、全役職員を対象に在宅勤務を実施
住友商事株式会社3/1から、
・原則として在宅勤務を義務付け
・業務上の理由からやむを得ず外出が必要な場合には、各組織の担当役員による事前了解を徹底
株式会社大和証券グループ本社3/1から、傘下の大和証券にて、営業部門を含む全ての部門を対象に、「WLBテレワーク」「BCPテレワーク」「生産性テレワーク」の各制度を導入
東急建設株式会社3/2から、内勤部門は原則在宅勤務を実施、不急の会議・研修等の自粛又は延期、出張の自粛又はビデオ会議での代替
凸版印刷株式会社・製造部門を除く全部門を対象に、「ピークシフト通勤」を推奨、テレワークの実施
・不要不急の国内出張自粛、多人数が参加する会議・研修の中止または延期
日本航空株式会社・原則として在宅勤務を実施(在宅勤務できない社員については、時差出勤を推奨(原則12時以降の出社、16時までの退社))
・社内会議はzoomを使用
・教育、研修の中止又は延期、会合、イベントの中止
パシフィックコンサルタンツ株式会社全従業員を対象に、出社を原則禁止し、在宅勤務を実施するとともに、社外打合せ・外出・出張を原則禁止
株式会社パソナグループ3/2から、主に在宅勤務が困難なマネジメント層を対象とした「職住近接サポート制度」、本部機能の維持を目的に一時的に分散させる「リスクヘッジオフィス」を開始
株式会社日立製作所3/26から、都内事業所の従業員約5万人について、原則在宅勤務
株式会社プレシャスパートナーズ3/3から、全従業員を対象にした在宅勤務を実施、社内外会議は原則オンライン化
三菱マテリアル株式会社3/2から、本社地区オフィス(丸の内、両国、神田、さいたま)の全従業員を原則在宅勤務にするとともに、不急の出張・会議・研修の見合わせを実施
株式会社メルカリ2/19から、全社時差勤務の推奨、在宅勤務の一部導入、社内外会議の原則オンライン化、出張の原則禁止などを実施
ユニ・チャーム株式会社2/27から在宅勤務を実施し、会社での執務を禁止
株式会社リンク2/25から、東京・大阪・福岡の拠点において、原則としてテレワーク(在宅勤務)を実施

スムーズビズとは?ABOUT

東京都は、東京2020大会期間中の交通混雑緩和も見据え、
交通量の抑制や分散に向けた交通需要マネジメント(TDM)やテレワーク、
時差Bizなどの取組を「スムーズビズ」として一体的に推進します。

「スムーズビズ」は、
都民や企業による交通行動の工夫やテレワーク環境の整備、多様な働き方の実践などを後押しします。
こうした取組を総合的に進め、大会のレガシーとして新しいワークスタイルや企業活動の東京モデルを
社会に定着させ、 全ての人々がいきいきと働き、活躍できる社会の実現を目指します。




※ポスター・動画・リーフレットは大会延期決定前に作成したものとなります。


【スムーズビズ ポスター①】


      

【スムーズビズ ポスター②】


※ダウンロードは「ポスター・リーフレット等」ページでできます。



【スムースビズPR動画(30秒)】





【スムーズビズ リーフレット】

※ダウンロードは「ポスター・リーフレット等」ページでできます。

冬のスムーズビズ実践期間~やってみよう!~
(2020年1月14日(火)~1月31日(金))

テレワークやフレックス制度、これらを活用した時差出勤など、多様な働き方にトライし、
効果を体感していいただくための「冬のスムーズビズ実践期間~やってみよう!~」への
ご協力ありがとうございました。
テレワークなどの多様な働き方の実践は、災害時の事業継続や
感染症の予防にも役立ちますので、引き続きの取組をお願いします。
当期間の詳細は、こちら

冬のスムーズビズ実践期間

スムーズビズ推進期間
(2019年7月22日(月)~9月6日(金))

 大会の1年前に、交通混雑緩和に向けたさまざまな取組を総合的にテストする
「スムーズビズ推進期間」を設けました。
 企業の皆様におかれましては、テレワーク、時差出勤、計画的な休暇の取得、
物流の工夫などを実施していただきありがとうございました。
 試行から得られた課題を検証していただき、大会に向けた取組に反映して
いただきますよう、お願いいたします。

※ 試行の検証結果は こちら からご覧になれます。

スムーズビズ推進期間 スムーズビズ推進期間

※ チャレンジウィーク及びコア日:各企業等の取組のピークを合わせる期間

スムーズビズの取組例CASE

人の流れに
関する取組

  • テレワーク
  • 時差出勤
  • 休暇取得
  • 会議、イベントの実施時期変更 など

モノの流れに
関する取組

  • 商品、備品等の納品時期変更
  • 同業種や近接エリアでの共同配送の実施
  • 配送ルート、配送時期の変更 など

大会時に想定される交通混雑を回避し、企業活動を維持するための方策を、
「2020アクションプラン」としてまとめていただくなどの準備をお願いしています。

2020アクションプランとは

2020TDM推進プロジェクトHPへ





お問い合わせ

東京都 スムーズビズ運営事務局

〒141-0022 東京都品川区東五反田1-20-7神野商事第2ビルB2F
TEL:03-5422-8081(電話受付 平日9時00分~18時00分)
E-mail:smooth-biz@prage.jp

※本事業の事務局は、東京都から株式会社プラージュに運営を委託しております。

東京都